腸閉塞の原因

腸閉塞とは書いて字のごとく腸が塞がってしまう病気です。腸が塞がるという事はつまるところ便が体外へ排出することが出来なくなることになり、体にとって害である毒素が常に体内にある状況になってしまいます。腸閉塞になるとガスなども溜まります。ガスが溜まるとお腹が膨れ、見た目では太ったようにみえることもあります。腸内環境は最悪になり腸の表面の粘膜がただれてしまいます。こういった状態では正しい吸収機能を果たすことができなくなり、栄養不足に陥ることもあります。単に便秘の状態が続いていると勘違いする方もいますが、腸閉塞は症状が悪化すると非常に危険で、生命活動ができなくなり死に至る状況に追いやられる可能性もあります。腸閉塞かもしれないと感じた時はしっかりと医療機関で診療してもらうことが大切になり、時には外科的手術を行う必要が出てくる場合もあります。

腸閉塞の原因は必ずそうであると決まっているわけではありません。腸の手術で出来た傷や炎症などが自然治癒力で治る時にねじれてしまったり、また腸の表面が塞がってしまう事などが考えられています。腸閉塞を予防する方法としては腸内環境を高める事が大切とされています。例えば乳酸菌などがあり、乳酸菌で腸内環境をクリーンに保つことが出来れば腸閉塞が起こる直接的な原因を無くすことができます。乳酸菌は元々腸内に存在する常在細菌です。この常在細菌が不足すると何かの拍子に腸閉塞になってしまう原因が起こることがあります。しっかりと予防するためにも乳酸菌を補充することを心がけるといいでしょう。